帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事サイト。主に海外サイトのリーク情報やベンチ記事を翻訳、解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります

ASRock Radeon RX5600XTグラフィックカード製品情報【AMD】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります

f:id:tatatatatax:20200122214408p:plain

ASRockのRX 5600 XT搭載グラフィックカード3種類の製品情報がアナウンスされました。アナウンスされたシリーズはPhantom Gamingシリーズ2種類とChallengerシリーズ1種類になります。

They use AMD 7 nm Radeon RX 5600 XT GPUs, with 6 GB 192-bit GDDR6 video memory, plus support for the PCI Express 4.0 bus standard, as well as the latest thermal design and excellent default GPU/VRAM clock settings, making ASRock's Phantom Gaming & Challenger series product lines more complete, and providing gamers an excellent 1080p gaming experience.

www.techpowerup.com

ASRockニュースリリースこちら

https://www.asrock.com/news/index.asp?iD=4429

 

f:id:tatatatatax:20200114171113p:plainf:id:tatatatatax:20200114171128p:plainf:id:tatatatatax:20200114171139p:plain

Image via ASRock

Phantom Gaming

ファントムゲーミングラインは3連ファンモデルと2連ファンモデルの2種類です。

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC

80 mm3連ファン搭載モデルで、3種類の中では一番ゲームクロックが高く設定されています。

  • ゲームクロック1560 MHz
  • ブーストクロック1620 MHz

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D2 6G OC

90 mm2連ファン搭載モデル。

  • ゲームクロック1495 MHz
  • ブーストクロック1620 MHz

Challenger

チャージャーラインはベーシック路線ですが、90 mm2連ファンを搭載します。

RX 5600 XT Challenger D 6G OC

  • ゲームクロック1460 MHz
  • ブーストクロック1620 MHz

共通スペック

3種類すべてのVRAMは6 GBのGDDR6です。メモリバス幅は192-bit。PCI Express 4.0です。

ヒートシンク+ファンは2.7スロット厚、ということなので3スロット消費することは注意すべき点でしょう。

 

Radeon RX5600XT関連情報

RX5600XTの情報を取り扱っている記事を紹介します。

最新記事はRX5600タグからお願いします。

独自情報


※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります
Copyright © 2020-2023 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.