帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

Gigabyte Radeon RX5600XT Gaming OC ベンチマークレビュー /guru3d【AMD】

f:id:tatatatatax:20200125231211p:plain

Image via GIGABYTE

Gigabyteの3連ファンRX5600XTの海外サイトレビューを紹介します。本製品は国内販売を開始しているモデルです。

現時点(2020年1月25日)の公式ホームページに記載されているスペックは、ブーストクロックが最大1620 MHzで、ゲームクロックは1560 MHz。メモリクロックは12000 MHz(12 Gbps)となっており、所謂クロックアップBIOS適用前の数値だと思われます。

※グローバルサイトでも同様の表記です

Amazonで買う

公式サイト

www.gigabyte.com

guru3dでレビューされているGigabyte RX5600XTは、ブーストクロックが最大1750 MHzで、メモリクロックは14 Gbpsとのこと。

The OC model (as tested today has an increased power usage design, and allows up-to 1750 MHz on the highest turbo and will run that memory at 14 Gbps.

www.guru3d.com

消費電力は少し高め

guru3dの検証によると、実ゲーム時の消費電力は少し高めです。

Image via guru3d

リファレンス(だと思うのですが……)のRX5600XTより20W、RX5700より15W程度上になっています。このグラフを改めてみると、RX590やRX580を使っている方には移行先として最適ですね。Vegaシリーズは言わずもがな。

ヒートシンクとPCBが美しい

グラフィックボードのヒートシンクを取り外した画像は必見。ヒートシンクとPCBは綺麗にできています。

f:id:tatatatatax:20200312125724p:plain

f:id:tatatatatax:20200312125707p:plain

Gigabyte Radeon RX 5600 XT Gaming OC review - Product PCB and component overview

 

Radeon RX5600XT関連情報

RX5600XTの情報を取り扱っている記事を紹介します。

最新記事はRX5600タグからお願いします。

海外サイトレビュー

国内サイトレビュー

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.