帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

TNパネル, VAパネル, IPSパネルの違いについて /液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

f:id:tatatatatax:20200224005159p:plain

モニターのスペックでよくわからないのが、入力端子とパネルの種類でしょうか。

TN、VA、IPSといった液晶パネルの種類をわかりやすく説明いたします。

HDMIやDPなどの入力端子についてのスペック違いはこちらの記事で確認ができます。

DisplayPort, HDMI仕様整理 - 確定していないこと - 自作PC, AMD多め

液晶パネルの種類

液晶パネルの駆動方式は、TN(Twisted Nematic)方式、VA(Vertical Alignment)方式、IPS(In-Plane-Switching)方式の3種類に大別できます。

もっとも採用が多いのはTN方式です。パソコンや携帯電話など、多くの液晶で採用されている方式です。次いでVA方式、採用例が少ないのがIPS方式です。

液晶パネルの仕組み

液晶パネルは米粒のような形をした液晶分子に電圧をかけ、液晶分子の向きを変えて光の量を制御しています。

光の量とは、バックライトの光が液晶分子を超えて画面に届く量です。

バックライトの光が液晶分子ですべて遮断されれば、画面は「黒」になります。

逆に、すべて通過すれば画面は「白」になります。

実際は光の漏れや拡散が生じるため、100%の遮断や通過はあり得ません。

この仕組みは、TN方式、VA方式、IPS方式共通です。

TN方式、VA方式、IPS方式という駆動方式によって異なるのは、液晶分子の配置方法と、電圧による液晶分子の動かし方です。

駆動方式の違いが大きく影響するのは、視野角と応答速度の特性です。

各駆動方式の特徴

静止画を表示する場合は、IPS方式が一番良く、次いでVA方式。この3種類の中ではTN方式が一番不向きです。

製造コスト的にはTN方式が一番安く、VA方式が次に安く、IPS方式が一番高価となります。

TN方式

TN方式のメリットは駆動電圧とコストが低いこと。VA方式やIPS方式に比べて応答速度を高められる点がポイント。高リフレッシュレートのモニターのほとんどはTNパネルを採用しています。

TNパネルモニターをAmazonで探

TNパネルモニターをパソコンショップ アークで探す

 

VA方式

VA方式の大きな特徴は、電圧OFFのときバックライト光が液晶分子の影響を受けず、偏光板でほぼ完全に遮断されること。かなり純粋な「黒」を表現できるため、コントラスト比を高くしやすいこと。

また、ゲーミングモニターに多い湾曲(曲面)モニターの多くはVAパネルです。

VAパネルモニターをAmazonで探す

VAパネルモニターをパソコンショップ アークで探す

 

IPS方式

IPS方式は高品質な発色特性と視野角特性が特徴。動画性能(高速応答)が求められないグラフィックプロや医療向けでは高評価されています。しかし、応答速度を高くしにくい点があります。

IPSパネルモニターをAmazonで探す

IPSパネルモニターをパソコンショップ アークで探す

 

参考サイト

www.eizo.co.jp

www.dospara.co.jp

 

ガイド記事

モニターカタログ

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.