帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

マイクロソフトのノートPC「Surface」にAMD RenoirコアRyzen+NaviコアGPU(M)モデルの可能性 /wccftech【AMD】

f:id:tatatatatax:20200322181823p:plain

マイクロソフトのノートPC「Surface」にAMD RenoirコアRyzen採用する可能性が報告されています。さらに、dGPUとしてRadeon RX5300MやRX5500M、RX5600Mとの組み合わせがあるだろう、と示されています。

以前SurfaceノートPCを仕事で使っていたので、筆者的にAMD CPU + GPUモデルは気になります。

AMD may have secured a new design win for the upcoming Microsoft Surface notebook which would utilize its 3rd Gen Ryzen 4000 CPU & Navi based Radeon RX GPU. Spotted by tech leaker, Rogame (via NotebookCheck), the 3DMark listing reports a Microsoft device built entirely on the AMD CPU & GPU platform.

wccftech.com

SurfaceAMD RenoirコアRyzen採用?

マイクロソフトは、Surface(ノートPC)にAMD RenoirコアRyzen採用する可能性をnotebookcheckで報告されています。

It looks like Microsoft is already planning to add the newly launched Ryzen 4000 APUs to the Surface lineup, and this time around, we could potentially see 15-inch as well as 13.5-inch all-AMD models. The 13.5-inch models may get Ryzen 5 4500U / 7 4700U + RX 5300M configurations, while the 15-inch variants may end up powered by more powerful Ryzen R5 4600U / 7 4800U + RX 5500M/ RX 5600M combos.

All-AMD Microsoft Surface notebook with Ryzen 5 4500U and RX 5300M spotted on 3DMark - NotebookCheck.net News

Surfaceの13.5インチと15インチモデルノートPCには、RenoirコアのRyzen 5 4500UもしくはRyzen 5 4600U、Ryzen 7 4700U、Ryzen 7 4800Uを採用するかもしれない、という内容ですが、注目すべきはAMDのノートPC用Radeon RX5300MやRX5500M、RX5600Mとの組み合わせがあるだろう、としている点です。

Surface13.5インチノートPC

Surface15インチノートPC

RenoirコアRyzen 4000Uシリーズ

Uシリーズは、TDP15Wの低消費電力ノートPC向けCPUです。

AMD Renoir Ryzen 4000U (15W)
  Core / Threads Base Freq Turbo Freq L2 / L3 IGP Freq CU TDP
Ryzen 9 4900U 8C / 16T TBD TBD TBD TBD TBD 15W
Ryzen 7 4800U 8C / 16T 1800 4200 4 /8 MB 1750 8 15W
Ryzen 7 4700U 8C / 8T 2000 4100 4 /8 MB 1600 7 15W
Ryzen 5 4600U 6C / 12T 2100 4000 3 /8 MB 1500 6 15W
Ryzen 5 4500U 6C / 6T 2300 4000 3 /8 MB 1500 6 15W
Ryzen 3 4300U 4C / 4T 2700 3700 2 /4 MB 1400 5 15W

Ryzen 7 4800U

8コア16スレッド、1.8 GHz / 4.2 GHzのハイパフォーマンス向けCPUです。

Ryzen 7 4700U

8コア8スレッド、2.0 GHz / 4.1 GHzのSMT無効にしてベースクロックを上げたCPUです。

Ryzen 5 4600U

6コア12スレッド、2.1 GHz / 4.0 GHzのミドルレンジ向けCPUです。

Ryzen 5 4500U

6コア6スレッド、2.3 GHz / 4.0 GHzのSMT無効にしてベースクロックを上げたCPUです。

Radeon RX5300M

Radeon RX5300Mは、3 GBのGDDR6メモリを搭載したNavi(RDNA)コアのノートPC用dGPUで、現在は未リリース。

f:id:tatatatatax:20200322174817p:plain

AMD Ryzen Zen 2 CPU & Radeon RX Navi To Power Microsoft Surface 3

wccftechの記事では、Radeon RX5300MであろうSurfaceノートPCの3DMarkスクリーンショットと共に、スコアのスクリーンショットも掲載しています。

f:id:tatatatatax:20200322174833p:plain

AMD Ryzen Zen 2 CPU & Radeon RX Navi To Power Microsoft Surface 3

Ryzen 5 4500UとRadeon RX5300Mの組み合わせで、3DMarkスコアは13,885ポイント。グラフィックススコアで16,445ポイント、Physicsスコアで9,442ポイントとなっています。

Navi(RDNAコア)のRadeon RX-M dGPUについては以下の記事でご確認ください。

taxtax.hatenablog.jp

 

Ryzen 7 4800U / 4700UとCore i7-1065G7比較

f:id:tatatatatax:20200322175505p:plain

AMD Ryzen Zen 2 CPU & Radeon RX Navi To Power Microsoft Surface 3

比較対象としてRyzen 7 4800UとRyzen 7 4700UのiGPU時の計測値とIntel Core i7-1065G7(Ice Lake)のiGPU時の計測値を掲載しています。

Ryzen 7 4800U(8コア16スレッド、1.80 GHz / 4.20 GHz)

  • 3DMarkスコア:5,307
  • グラフィックススコア:5,068
  • Physicsスコア:11,159

Ryzen 7 4700U(8コア8スレッド、2.00 GHz / 4.10 GHz)

  • 3DMarkスコア:4,860
  • グラフィックススコア:4,699
  • Physicsスコア:8,862

Intel Core i7-1065G7(4コア8スレッド、1.30 GHz / 3.90 GHz)

  • 3DMarkスコア:4,831
  • グラフィックススコア:4,591
  • Physicsスコア:8,470

Ryzen 5 4500U + Radeon RX5300M(6コア6スレッド、2.30 GHz / 4.00 GHz)

  • 3DMarkスコア:13,885
  • グラフィックススコア:16,445
  • Physicsスコア:9,442

もちろん、dGPUをもつRyzen 5 4500U + Radeon RX5300Mのスコアが一番高いのですが、Physicsスコアにも注目すべきでしょう。Ryzen 7 4700Uが8,862、Ryzen 5 4500U + Radeon RX5300Mが9,442となっています。

計測時の環境等に左右されるので横並びにスコアを並べることはできないですが、この結果は興味深いものです。

 

RenoirコアRyzen 4000まとめ

関連情報

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.