帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

GeForce GTX1650 D6(GDDR6)搭載グラボはオーバークロックで伸びる可能性が高い? /wccftech, VIDEOCARDZ【NVIDIA】

f:id:tatatatatax:20200404125149p:plain

NVIDIA GeForce GTX1650は2019年に発売されたGPUで、ゲームプレイ用としてはローエンド帯のdGPUです。値段が安いのが売りですが、最新AAAタイトルを60fps(1080p)プレイが厳しい性能。同年にGTX1650 Superが発売され余計に微妙な立ち位置に。

その辺を考慮してか今回、VRAM周りのスペックを押し上げた性能向上版を投入してきました。

NVIDIA GeForce GTX 1650 Gets GDDR6 Memory - 6% Better Performance With More Room For Overclocking

wccftech.com

GeForce GTX1650のD6モデル

アップグレードした部分はVRAMスペックです。

従来のクロック8 GbpsのGDDR5メモリ(帯域幅は128 GB /s)からクロック12 GbpsのGDDR6メモリになり、帯域幅はGTX1650 Superと同じ192 GB / sとなりました。

これらの変更により「GeForce GTX1650 D6」といった名称がwccftechに記載されています。グラボの商品名は「GeForce GTX1650 GDDR6」といった表記でも表されるようです。

GeForce GTX1650

従来のGeForce GTX1650はTuringファミリーのTU117(CUDAコア数は896)。

VRAMはクロック8 GbpsのGDDR5を4 GB搭載、メモリ帯域幅は128 GB /秒でバスは128bitというスペックです。Turingファミリーの中でGDDR5を採用しているのは、GeForce GTX1660とこのGTX1650のみ。

GeForce GTX1650の性能は、AMD Polaris世代のGPUNVIDIA GeForce GTX1060 3 GBを上回れませんでした。

GeForce GTX1650 Super

GeForce GTX1650 Superは、GPUコアをGTX1660と同じTU116(スペックダウン版。CUDAコア数は1280)へ変更、クロック12 GbpsのGDDR6メモリ、帯域幅192 GB / sまでスペックアップし、性能をジャンプアップさせました。

現在のNVIDIA GPUラインナップでゲーム用エントリー向けといえばGTX1650 Supeでしょう。

GeForce GTX1650 D6はOC能力が高い

f:id:tatatatatax:20200404140216p:plain

NVIDIA GeForce GTX 1650 GDDR6 is ~6% faster than its GDDR5 variant - VideoCardz.com

検証・測定したグラボはZOTAC製とのこと。2020年4月4日現在、GeForce GTX1650 D6を搭載し2連ファンのモデルは以下のモデルが確認できます。

www.zotac.com

GeForce GTX1650の公式GPUクロックは最大1665 MHzで、ZOTACのGeForce GTX1650 D6(GDDR6)の公式スペックは最大で1650 MHzです。

VIDEOCARDZの記事によると「Expreviewでは、GPUコアで200 MHz、VRAMで375 MHz程オーバークロックしました。VRAMを12 Gbpsから15 Gbpsにオーバークロックしたこととなり、その影響で全体のパフォーマンスが10%向上。GPUコアは約2130 MHzまでクロックがあがりました」という内容を報告しています。

その状態でのGeForce GTX1650 D6(GDDR6)の最大クロックは最大で約2130 MHzというデータだった、とのこと。

Expreview managed to overclock the card by 200 MHz on the core and 375 MHz on the memory – meaning – they overclocked the memory from 12 Gbps to 15 Gbps. This gave a 10% overall performance boost and the card had a sustained clock of 2130 MHz.

f:id:tatatatatax:20200404135419p:plain

videocardz.com

GeForce GTX1650 D6ベンチマーク

wccftechの記事では、3DMarkのベンチ結果スクリーンショット画像を引用しています。Fire Strikeのスコアは10,238です。

f:id:tatatatatax:20200404125644p:plain

NVIDIA AIBs Boost GeForce GTX 1650 GPU Performance With GDDR6

また、実ゲーム8タイトルでもテストされ、GeForce GTX1650 D6(GDDR6)は、GeForce GTX1650に対して1080pの場合平均で6%高速。

GeForce GTX1650 D6は低消費電力

VIDEOCARDZの記事では、GeForce GTX1650 D6(GDDR6)の動作電圧が低く、稼働に必要な電力が少ない事が利点と指摘しています。

GDDR5を実装するGeForce GTX1650の場合は負荷時約83W程度に対して、GeForce GTX1650 D6(GDDR6)は平均76W。アイドル時の消費電力は両方とも約9Wで同じです。

All of this allows for the card to reach performance close to a Radeon RX 470 with much lower power consumption but I think it'd have been better if the GTX 1650 was made this way from the start and not in a revision almost a year late. Regardless, for those looking for an efficient graphics card around $120-$130 US, the D6 variants of the GeForce GTX 1650 make for a decent purchase.

NVIDIA AIBs Boost GeForce GTX 1650 GPU Performance With GDDR6

再度wccftechの記事に戻ると、GeForce GTX1650 D6(GDDR6)は「AMD Radeon RX470に近いパフォーマンスをはるかに低い電力消費で実現できる」と纏めています。

GeForce GTX1650レビュー

GDDR5版の素GTX1650ですが、ファンレス動作を可能にするPalitグラボの記事です。GTX1650の立ち位置が見えてくると思います。

ゲーム内設定をミディアムにしたことでfpsがそれなりに出るような結果になりました。しかし、GPU Checkの結果はIntel Core i7-8700Kを利用して計測した結果、という点を踏まえないといけないかもしれません。taxtax.hatenablog.jp

GeForce GTX1650性能比較

GeForce GTX1650と他GPUの性能比較記事をいくつかピックアップします。

CoD: MW」のfps計測からCoD: Warzoneの動作はどの程度かチェックした記事一つ目です。

安定して144fps以上出すならばAMD Radeon RX5700XT以上。NVIDIAであれば、GeForce RTX2070以上という感じ。

RX5600XTやRTX2060あたりだと設定次第でいけそうです。RX5500XTやGTX1650 Superあたりは144fpsより下のフレームレート。GTX1070あたりでも厳しそう。

taxtax.hatenablog.jp

二つ目はこちら。

GTX1650 Superも上記2GPU同様、レイトレーシング無しDLSS非対応TuringアーキテクチャGPUです。比較対象はNVIDIA GeForce GTX1650とAMD Radeon RX5500XT 4GBで、ゲーム内設定はHighest。

taxtax.hatenablog.jp

AMD Radeon RX5500XTやRX570、RX470と比較した記事です。

しかし、Radeon RX570やRX470、NVIDIA GTX1050Tiあたりを使ってゲームしているユーザーにとって、RX5500XTやGTX1650SUPER / GTX1650はアップグレードパスとしてどうだろう?という疑問に答えてくれる良比較記事だと思います。

taxtax.hatenablog.jp

 

関連情報

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.