帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

モニター

GIGABYTEが注目の新製品を複数展示 /PAX East 2020

PAX East 2020は無事開催されているようで、GIGABYTEが注目の新製品を複数展示しているようです。PAX Eastとは北米中心のゲームイベントで、PCゲームやコンソールゲーム絡みだけではなくTRPGといったアナログなゲームにも影響を及ぼします。

AMD Ryzen 5 3600X, RX5700XT /ASUS TUF Gaming アライアンス PCビルドのすすめ

BTO PCと自作PCの記事にも書きましたが、最近はPCパーツメーカー内ブランドネームを他メーカーにも提供して、トータルのPC環境を提供する試みが多くなっています。 その先駆けが、ASUSの高耐久向けパーツに付けられるブランド「TUF Gaming」のアライアンスで…

1440p(WQHD), 144Hz ゲーミングモニター ベスト /techspot モニターカタログ

Image via LG モニターは未だ1080pが主流ですが、RX5700シリーズやRTX2070以上のミドルハイGPUやRTX2080系のハイエンドGPUグラボを使っている方は1440pの高リフレッシュレートモニターの購入を考えているかもしれません。 本記事では、techsoptの記事「ベス…

TNパネル, VAパネル, IPSパネルの違いについて /液晶パネル(TFT液晶)の駆動方式

モニターのスペックでよくわからないのが、入力端子とパネルの種類でしょうか。 TN、VA、IPSといった液晶パネルの種類をわかりやすく説明いたします。 HDMIやDPなどの入力端子についてのスペック違いはこちらの記事で確認ができます。 DisplayPort, HDMI仕様…

リフレッシュレート165Hzモニターをチェックしてみる /モニターカタログ

Image via Pixio モニターは、リフレッシュレート240Hz、144Hz、60(75)Hzの3種類の中から選ぶのが基本だと思うのですが、その間の165Hzや120Hzのモニターもあり、探せば意外と種類が多かったりします。 筆者の備忘録というか、趣味でカタログを作っておき…

144Hz, 240HzのフルHD, 24インチ前後のモニターをチェックしてみた /モニターカタログ, prosettings.net

Image via BenQ 低価格モニターをチェックしましたので、ハイエンドモニターのチェックをしてみよう、という記事です。 ハイエンドと言っても「何のハイエンドか?」という定義が重要。今回は、リフレッシュレートの高いモニター且つ、海外プロゲーマーや有…

リフレッシュレート75Hzの低価格帯モニターをチェックしてみた /モニターカタログ

Image via BenQ R6Sプレイヤーが限られた予算でどのモニターを買ったらいい?というQAコンテンツを紹介します。 ゲーミングノートPCのROG GL503GEを使っていて、追加でモニターを追加したい、という質問です。モニターを買うときに参考になれば幸いです。

リフレッシュレート240Hz ゲーミングポータブルモニターが良い件【ASUS, MSI】

CES2020で筆者的に注目したのがハイリフレッシュレートのポータブルモニターです。デュアルモニター環境のサブでもいいですし、次世代ゲームコンソール機のリフレッシュレートが高くなる予想を踏まえてゲームコンソール機向けのメインモニター用でも最適かも…

ViewSonic 144Hzモニターが安い【ドスパラ】

Image via ViewSonic ドスパラ専売の27インチのフルHD(1080p), 144Hzモニタ「XG2705」が安くて泣きそうです。2020年1月30日から27,000円(税込)前後で販売するので、少し大きめのフルHD, 144Hzモニタが欲しい方はチェックしてみはいかがでしょうか? 既に…

ASUS ROG Bezel-Free Kitが便利そう

ASUSのモニターはプロゲーマーや有名ストリーマーにも愛用されています。プロゲーマーや有名ストリーマーのデバイスをチェックできるProSettings.netでは、総合でBenQのモニターに次いで多いのがASUSのモニターです。 今回はASUSのモニター関連ギアとして便…

【4K/144Hz】ROG Swift PG43UQ リリース情報

遂に4Kでリフレッシュレート144Hzのモニターがでてくるようです。メーカーはASUS。VAパネルでG-Sync対応、4Kで43インチというスペックなので、販売価格は高くなりそうです。

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.