帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

PS5とXbox Series Xに対抗するのはRTX GPU搭載のゲーミングノートPC、という話 /NVIDIA

f:id:tatatatatax:20200220004644p:plain

Image via NVIDIA

NVIDIAは、RTX GPU搭載ノートPCを引き合いに出し、PS5とXbox Series Xより強力なゲーミングコンソールだと主張しています。

PS5とXbox Series Xが結局どのくらいのスペックなのか未だわかりませんが、現行のハイエンドなゲーミングノートPCであればワンストップで高リフレッシュレート・高画質でゲームが遊べると思われますが……。

notebookcheckの記事によると、NVIDIA CEOのジェン・スン・ファン氏はRTX GPU搭載のゲーミングノートPCであれば、本格的なゲームセッションが可能だ、としています。

The executive reckons that gaming laptops fitted with Nvidia RTX GPUs will defeat the AMD-based PlayStation 5 and Xbox Series X in the upcoming next-gen console clash.

www.notebookcheck.net

ゲーミングノートPCは高い

f:id:tatatatatax:20200220001509p:plain

Image via DELL

とはいえ、ネックは価格。

ジェン・スン・ファン氏は「例えばIntel Core i9-9900KとNVIDIA GeForce RTX2080を搭載したAlienware Area-51Mであれば、本格的なゲームセッションが可能だろう」とおっしゃっていますが、Alienware Area-51Mを買うには日本円で26万~36万必要です。

現実的なのはGeForce Now

現時点でゲーム専用コンソールに対抗する現実的な手は、GeForce Now(クラウドゲーム)ではないでしょうか。デバイス依存はないわけですから30万用意する必要はありません。

www.nvidia.com

本記事の主題はゲーミングノートPCの値段が高い、というより「ゲーム用に仕上げたPCは高い」ということなのですが、GeForce Nowはその解決策にはなっていません。

ゲーミングPCは安くならないの?

今後も(おそらく)安くなることはないでしょう。

PC用パーツ、例えばデスクトップ用のグラボであれば日本円で2~3万円台がミドル、4~6万円台がミドルハイ、それ以上はハイエンド、1万円台はローエンドと相場が決まっています。これは昔からあまり変わっていません。

過去のものの性能はその時の能力でしかありませんが、過去も今も「ミドルレンジと決められたGPU」を積んだグラボは、そのくらいの値段で売っています。

値段は変えないけど同じ値段で性能を上げていきますよ、というジャンルなのです。

ノートPCはデスクトップPCより熱設計がシビア過ぎる、また、持って動かせるものなので、使われている部品はそれらに耐えなければならず、デスクトップPCより単価も売価もあがりますが、同じような思想の元に動いています。

「今後もおそらく安くなることはない」と考える理由は、何かパラダイムシフト的なことがない限り、今後もこれらは変わらず進んでいくと思うからです。

お国柄の違い

日本以外の国、特に北米や欧州ではPS5 & Xbox Series X vs.ゲーミングノートPCという図式が成り立ちますが、日本においては(この中では)PS5が主要なプレイヤーになるでしょう。

市場、というよりゲーム文化といったほうが良いと思いますが、日本語で遊べて近くの友達と遊べるのはPS5のゲームが圧倒的。国内AAAタイトルはPS5(とNINTENDO Switch)でリリースされるでしょう。

アジア圏は圧倒的にスマートフォンなので、GeForce Nowがどれだけ浸透するか、の勝負だと考えます。

 

ゲームコンソール情報

関連情報

ガイド記事

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.