帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

Xbox Series XのGPUスペックは12TFLOPsになる模様(?)【AMD】

f:id:tatatatatax:20200203213354p:plain

マイクロソフトは次期XboxXbox Series Xの一部スペックを公開しました。

既に話題になっているように、RDNA2アーキテクチャとなるNavi2コアのGPU性能指標としてFP32理論性能値12TFLOPsを示しています。

FP32理論性能値12TFLOPsという数字だけをみると、AMD GPUではRadeon VIIの約13.4TFOPsには及びませんが、RX5700XTの約9.75TFOPsを上回ります。

NVIDIAのRTX2080SuperのFP32理論性能値は約11.2TFOPs、RTX2070Superは約9.1TFOPs、RTX2060Superは約7.2TFOPsです。

Xbox Series X is our most powerful console ever powered by our custom designed processor leveraging AMD’s latest Zen 2 and RDNA 2 architectures. Delivering four times the processing power of an Xbox One and enabling developers to leverage 12 TFLOPS of GPU (Graphics Processing Unit) performance

news.xbox.com

FP32理論性能値12TFLOPs

数字だけを見ると正直凄い性能です。Xbox Series Xが6~7万円でも安いスペックだと思います。

しかし、グラボレビュー等をチェックしている方ならTFOPsの数字順に並ばないことは周知の事実ですので、それをそのまま鵜呑みにするのはどうかな?というのが第一印象です。

120fpsサポート

重要な点は120fpsサポートではないでしょうか?

解像度は記されていないのでよくわかりませんが、HDMI 2.1サポートという文言はチェックしておくべきでしょう。

HDMI 2.1 Innovation: We’ve partnered with the HDMI forum and TV manufacturers to enable the best gaming experience through features such as Auto Low Latency Mode (ALLM) and Variable Refresh Rate (VRR). ALLM allows Xbox One and Xbox Series X to automatically set the connected display to its lowest latency mode. VRR synchronizes the display’s refresh rate to the game’s frame rate, maintaining smooth visuals without tearing. Ensuring minimal lag and the most responsive gaming experience.
120 fps Support: With support for up to 120 fps, Xbox Series X allows developers to exceed standard 60 fps output in favor of heightened realism or fast-paced action.

What You Can Expect From the Next Generation of Gaming - Xbox Wire

HDMI 2.1についてはasciiの記事がわかりやすいと思います。

「Ultra High Speed HDMI」の基準を満たしたケーブルでは、48Gbpsの伝送レートに対応し、4Kp50/60/100/120と4K解像度の120Hz駆動まで、そして8Kp50/60と8K解像度の60Hz駆動までをカバー。

ascii.jp

 

techpowerupのコメント欄が興味深いので紹介いたします。

素直に凄い!というより「おかしくね?」的なコメントが多く、予想通りといえば予想通り。

This 12 TFLOPs figure is a mighty impressive one - just consider that AMD's current highest-performance graphics card, Radeon VII, features a peak 13.4 TFLOPs of computing power - and that's a graphics card that was launched just a year ago.

www.techpowerup.com

詳しくは上記コメント欄をチェックしていただきたいのですが、筆者的には「TFLOPsはマーケティングの用語になった」というコメントが印象深いです。

(単純には言えませんが)過去のものより何倍凄い、という某Apple方式より専門用語をだしたほうがそれっぽいですしね。

TFLOPS became de-facto marketing term by now. Hollow and meaningless as they come.

https://www.techpowerup.com/264183/microsoft-confirms-xbox-series-x-specs-12-tflops-custom-apu-with-zen-2-rdna-2-h-w-accelerated-raytracing

他には、「CPU分も入っているんだよHAHAHA」というものや「RDNA2の憶測回避のためにTFLOPsを使ってんじゃね?」というコメントもあります。

憶測回避というところはなるほどな、と素直に思いました。

PS5は?

とにかく、本筋であるPC向けNavi2(RDNA2)、通称「Big Navi」のスペックもよくわからないのが現状です。

また、日本市場ではプレイステーション5のことも気になります。

プレイステーション5はXbox Series Xと同じようなスペックが予想されていますので、期待は膨らみます。

 

PS5公式情報

Xbox Series X公式情報

関連情報

ガイド記事

Xbox Series XやPS5の情報が出てくるにしたがって、高リフレッシュレートモニターの需要が増しそうですがどうでしょうか?

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.