帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事サイト。主に海外サイトのリーク情報やベンチ記事を翻訳、解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります

RTX3080, RTX3070(Ampere)は2020年Q4に遅延? /wccftech【NVIDIA】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります

f:id:tatatatatax:20200218084801p:plain

RTX3080やRTX3070に代表されるNVIDIAの次期GPU、Ampereアーキテクチャ搭載グラボは2020年Q4リリースに遅れる可能性が報じられています。

主な理由はCOVID19ですが、それだけではない、とするwccftechの記事を紹介します。

NVIDIA RTX 3000 series powered by Ampere GPU delayed to late 2020, COVID economic slowdown and AMD's Big Navi primary factors

wccftech.com

RTX3080, RTX3070は遅延する

「COVID19のため」という理由では遅延は致し方ない、と思わざるを得ません。made in chinaが多くなるグラボの場合は特に。

しかし、wccftechの記事では「理由はそれだけではない」という内容になっています。

AMD Navi2x(RDNA2)も理由のひとつ

NVIDIAAMDの次期GPU「Navi2x(RDNA2)」のリリースを待っているかもしれない、と説明しています。

Xbox Series Xなどの次期ゲームコンソールより "わずかに速いだけ" ではPC向けフラグシップdGPUとして魅力がありません。そもそもデスクトップPC向けのハイエンドグラボは、ゲームコンソール本体よりも値段が高いのです。

wccftechの記事では「699ドル相当のフラグシップを実際に販売することはできません(次期ゲームコンソールの価格は499ドル前後と仮定)」とも記しています。

ただし、AMD Navi2x(RDNA2)の実力は未だわかりません。あくまでも数値上、それも想定されるスペックでしかないのでNVIDIAAMDの出方を見てみたい、というわけです。

Xbox Series XのニュースはNVIDIAにとって良いニュース

Xbox Series XのニュースはNVIDIAにとって良いニュースだったと思われます。AMD Navi2x(RDNA2)の想定スペックが以前より期待されていたとおりだったから、というところでしょうか。

つまりNVIDIAは対戦相手を想定しやすくなっている状況であり、「Xbox Series Xのスペックお披露目」はGPUの王者がAmpereローンチへ向かうための好材料でしかなかった、というのは言い過ぎでしょうか。

 

カテゴリー

  

関連情報

ガイド記事


※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります
Copyright © 2020-2023 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.