帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

MacBookやiMacシリーズは遂にARM SoCベースに?2020年Q4~2021年Q1予定とリーク /techpowerup

f:id:tatatatatax:20200328132111p:plain

AppleのCPU変更は昔からよくある噂ですが、今回はARM SoCへ全面変更。MacBookiMacも含まれています。

ご紹介する記事のタイトルは「MacBook "s" やiMac "s" 」なのですがProはどうでしょうか?ワークステーション向けのMac ProもARM SoCへ?という噂もあるので、興味深い動向になりそう。

According to analyst Ming-Chi Kuo, Apple has started an "aggressive processor replacement strategy", which should give some results by the end of 2020, around Q4, or the beginning of 2021 when the first quarter arrives.

www.techpowerup.com

ARM SoCベースMacBook, iMac

techpoerupの記事では、「Appleはその製品ラインナップでIntel CPUの置き換えにしばらく取り組んできており、新しいArmベースのCPUを搭載した最初の製品バッチが間もなく登場します」と報じています。

また、「AppleのARM SoCは非常に強力で、『Intelの最高の製品に匹敵する』一方で、数ワットのTDPではるかに効率的」だと述べています。

Appleは、TSMCで5 nmのARM SoCの製造に着手しはじめており、2020年中は開発者にx86-64ソフトウェアをArm ISAに移行するためのツールを提供する予定、とも記されています。

taxtax.hatenablog.jp

 

2020年Q4~2021年Q1登場

Appleは、IBM PowerPCからIntel Coreへシフトした時と同様、ARM SoCへ「積極的なシフト」を既に開始しており、2020年末(Q4)から2021年Q1までになんらかの結果をだすでしょう、と同記事では纏めています。

ARMアーキテクチャプロセッサ搭載「Mac」を2021年までに計画中だと予測しました。TSMCの5nm FinFETプロセスルールで製造されるApple A14 Bionicを積んでいる、とも述べています。

wccftechの記事では「The A12X chip in 2018 iPad Pro directly competes with the 6-core Intel process in 15-inch MacBook Pro, so we can expect a massive performance increase for Apple's A14 Bionic chip.」のように述べ、Apple A14 Bionicは大幅なパフォーマンス向上が期待できる、としています。

(意訳:iPad Pro 2018のA12Xチップは15インチMacBook ProのIntel6コアプロセッサと直接競合)

taxtax.hatenablog.jp

Intelが未だ14nmで足踏みしてパフォーマンスが伸びないから、というより以前wccftechでも報じられたように、TSMCの5nm ARM SoCのパフォーマンスがかなり伸びている実感がApple自身にもあり、こういった噂が流れているのでしょう。

Intelか?AMDか?というより、Appleはもうx86アーキテクチャは見切りをつけ、自社製品で囲い込む戦略に転換しそうですね。Appleらしい話だと感じます。

 

カテゴリー

   

関連情報

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.