帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事サイト。主に海外サイトのリーク情報やベンチ記事を翻訳、解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti(mobile)をデスクトップPC向けグラボに搭載した話題 /videocardz.com

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります

NVIDIA® GeForce RTX™ 40 シリーズ Laptop GPU

Image via NVIDIA

ノートPC向けのモバイルdGPUをデスクトップPC用グラボに転用した話題をピックアップしてみます。ノートPC向けNVIDIA GeForce RTXシリーズのハイエンドモデルであるRTX 3080 Ti(mobile)をデスクトップPCで使ってみた内容です。

※不確かな情報も含まれる場合があります

videocardz.com

モバイルdGPU転用グラボ

マイニングが人気だった時期にノートPC向けのモバイルdGPUがデスクトップPC向けに転用されるのが流行りましたが、そもそも公式でサポートされるものではなくドライバー等の問題もありました。

Over time, it became increasingly evident that these hybrid GPUs had no rightful place within desktop setups. The primary issue with these cards was the absence of official driver support. Users frequently encountered significant challenges in locating functional drivers or resorted to utilizing drivers provided by the sellers, which often carried malware.

GeForce RTX 3080 Ti mobile GPU turned desktop has been tested in 3DMark - VideoCardz.com

ですが「従来のデスクトップGPUよりも大幅に低コストで入手することができる」一部アジアや南米地域で人気があったのは事実。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti(mobile)

このようなモバイルdGPU転用グラボは複数存在し面白い仕様のものもある、と述べるvideocardz.comでは、NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti(mobile)をデスクトップPC用に転用したグラボをピックアップしています。

videocardz.com愛好者の一人であるMattia Carnevali氏がNVIDIA GeForce RTX 3080 Ti(mobile)搭載グラボに関する情報を共有。GPU-Zと互換性があり最新版のドライバが動作するらしいです(※)。

※Mattia Carnevali氏が非公式に提供された修正ドライバの1つを使用したため

 
 

スペックの違い

デスクトップPC向けdGPUとノートPC向けdGPUは仕様が違う場合が多く、このRTX 3080 Ti(mobile)もデスクトップPC向けのRTX 3080 Tiとはスペックが違います。

Image via videocardz.com

RTX 3080 Ti(mobile)

  • GA103
  • CUDAコア:7,424
  • 16GB GDDR6メモリ
  • メモリ帯域幅:512GB/s
  • TDP:150W

RTX 3080 Ti

  • GA102
  • CUDAコア:10,240
  • 12GB GDDR6Xメモリ
  • メモリ帯域幅:912GB/s
  • TDP:350W

videocardz.comで示されている「RTX 3080 Ti(mobile)搭載グラボ」の場合、ベースクロックやブーストクロックは本家(?)GA103より低く設定されており、併せてTDPもより低い数値になっている、としています。

おすすめしません

3DMarkのテスト結果など興味深い内容なので、詳しくは同記事をチェックしていただきたいのですが、結論としてはこういった類のグラボは推奨しない、と述べています。

However, the advantages stemming from cost and performance should be weighed against the limitations that come into play. These limitations include the absence of official NVIDIA driver support, limited warranty coverage, and reduced options for display connectors. These factors may overshadow the performance benefits, making the decision to opt for such a card a more complex one.

Hence, even with the graphics card exhibiting relatively good performance, we can’t recommend the purchase of such graphics cards. 

GeForce RTX 3080 Ti mobile GPU turned desktop has been tested in 3DMark - VideoCardz.com

 

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。またはプロモーション記事が含まれている場合があります
Copyright © 2020-2023 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.