帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

GeForce RTX3080, RTX3070(Ampere)リーク情報【NVIDIA】

f:id:tatatatatax:20200218084801p:plain

※2020年2月20日追記あり

Amprerと呼ばれるNVIDIAの次期GPU、RTX3080とRTX3070の情報がでていました。従来の命名ルール通りであれば、RTX3080はハイエンド、RTX3070はミドルハイレンジ帯になるでしょう。

注目はメモリ容量で、RTX3080は20GB、RTX3070は16GBと記されています。

NVIDIA Ampere GeForce RTX 3080 20 GB And RTX 3070 16 GB Graphics Cards Alleged Specifications Leak Out – Up To 3480 Cores, GA103 / GA104 GPUs

wccftech.com


ZOTAC ゾタック GAMING GeForce RTX 2070 SUPER MINI グラフィックスボード VD7074 ZT-T20710E-10M

RTX3080

RTX 3080は圧巻のスペックで、GDDR6メモリを20GB、メモリバスは320-bitと予想されています。これがGA103コア。

RTX3070

RTX 3070はGDDR6メモリを16GB、メモリバスは256-bitと予想されています。これがGA104コア。

次世代RTXでもGDDR6メモリは継続なんですね。

GA103, GA104

GPUコアのコードネームはGA103GA104ということで、現在のRTX2000番台とは違うものになっています。ワークステーション向けやHTPC向けのGPUと同一アーキテクチャーになるのは従来通りと思われ、以下のスペックが予想されています。

  • GA100 8GPC*8TPC*2SM 6144bit
  • GA102 7GPC*6TPC*2SM 384bit
  • GA103 6GPC*5TPC*2SM 320bit
  • GA104 6GPC*4TPC*2SM 256bit
  • GA106 3GPC*5TPC*2SM 192bit
  • GA107 2GPC*5TPC*2SM 128bit

GA100はHTPC向けとして、GA102はTITAN向け?RTX3080Ti向け?のウルトラハイエンドスペック、そしてGA103がリテール向けハイエンドとしてそこからスペックを制限していくでしょう。下位GA106とGA107はOEM向けやローエンド向けになると思われます。

GA103, GA104スペック


MSI GeForce RTX 2070 TRI FROZR

 

Ampereアーキテクチャ第1弾となるであろう、GA103(RTX3080?)とGA104(RTX3070?)のスペック予想が出ています。

On both Asia based mydrivers and on a twitter account from ‘KittyCorgi’ info has appeared on two new NVIDIA GPUs, allegedly Ampere microarchitecture based.

www.guru3d.com

guru3dの記事では、GA103をRTX3080、GA104をRTX3070としています。Turing世代のハイエンドTU102(TITAN RTXとRTX2080Ti)のスペックが比較されています。

スペックの数値だけを見ると、TU102より抑え目ですね。

CUDAコアはRTX3080が3,840で、RTX3070は3,072。

メモリバスはRTX3080が320bitで、RTX3070は256bit。

GPU SMs Cores Memory Size Memory Bus SKUs
Ampere GA103  60  3840  10/20GB GDDR6  320-bit RTX 3080
Ampere GA104  48  3072  8/16GB GDDR6  256-bit RTX 3070
Turing TU102  72  4608  24 GB GDDR6  384-bit TITAN RTX/2080 Ti

Rumor: NVIDIA Ampere GeForce RTX 3070 and RTX 3080 specs surface

ちなみに、他のTuringアーキテクチャのコアと比較するとこんな感じです。表は作ってみました。SUPER型番は長いのでSUと省略しています。

f:id:tatatatatax:20200218092850p:plain

 

CUDAコア

CUDAコアの比較では、RTX3070の予想CUDAコア数とRTX2080 Superが同数です。RTX3080の予想CUDAコア数はRTX2080Ti以下、RTX2080 Super以上という絶妙な立ち位置。

メモリバス幅

メモリバスの比較だと、RTX3070の予想幅はRTX2080 Super以下の所謂一般向けミドルハイ~ハイエンド層GPUと同じです。

RTX3080の予想幅も(CUDAコア比較と同じく)RTX2080Ti以下、RTX2080 Super以上

Ampere版TITAN RTX?

もしかしたら出るかもしれないRTX2080Ti Superはなんかすごいことになっていますが、AmpereアーキテクチャのGAコア系列でも、このスペックより数値が大きいTITAN RTXシリーズは出ると思います。が、値段いくらよ?というレベルかもしれません。

まとめ

新世代の「7」番台は旧世代の「8」と同じくらいで新世代の「8」はその上、という世代交代パターン通りになりそうです。

Ampereアーキテクチャ次第ですが、RTX3070はRTX2080 Superと性能は同等だと思われます。

RTX3080はTiといった符号のない無印のGPUなので、RTX2080Tiより性能はやや落ちると思われますが、AmpereはTuringよりどこがどう優れているのか?次第ではないかと。

プロセスがシュリンクされますので、消費電力は下がる方向なのは見当違いではないはず。RTX3080はRTX2080Tiの8~9割程度の性能で消費電力は4割下がりました!みたいなレビューがされる予想を勝手にしておいてみます。

買い時

2020年2月執筆時点での意見ですが、Ampereアーキテクチャのグラボが何時発売されるのか?にかかってます。

2020年3月にどの程度の情報が出るかわかりませんが、グラボリリースが2020年末であれば、9~10か月程の猶予があります。この猶予期間を想定しつつ筆者ならば……今、何のグラボを使っているかで以下のような判断をしそうです。

GTX1080TiやRTX2070番台以上なら待ち。

RTX2060やGTX1660Tiなら、安くなるかもしれないRTX2080 Superを狙ってみるのもあり。

GTX1660あたりならRTX2070レベルのグラボを買って、今後、多分出るであろうRTX3060の情報が出るころまで様子見。もしくは、いきなりRTX3080を買ってしまえるよう貯金。

GTX1080やGTX1070はRTX3000番台待ち。もしくはRTX2080Tiを買ってしまうのもあり。

という感じでしょうか?

お金に余裕があれば買いまくりたいのですけれども。

 

カテゴリー

  

NVIDIA Ampere関連情報

AMD vs.NVIDIA GPU対比表

ガイド記事

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.