帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

14nm++のCooper Lake-SPは一般向けには無いらしい、という話題 /wccftech【Intel】

f:id:tatatatatax:20200319024914p:plain

2020年のIntel Xeonシリーズは、14nm++のCooper Lake-SPと10nm+のIce Lake-SPの2種類、そして対応するプラットフォームとしてCedar IslandとWhitleyがあります。

10nm遅延により、かなり複雑なXeonラインナップになる予定でしたが、14nm++のCooper Lake-SPは大規模顧客のみに提供するシリーズになりそう、という記事を紹介します。

Intel scraps Cooper Lake general availability, bfloat16 restricted to select clients for now

wccftech.com

Cooper Lake-SPは一般向けなし、らしい

大規模クライアントにのみ14nm++のCooper Lake-SPを提供し、一般向けには提供しない、というのが概要です。

そもそものIntelの予定では、2020年は10nmが本格稼働して製品も出荷しているフェーズなのですが、それが叶わないため急遽追加したのが14nm++のCooper Lake-SPです。

wccftechでは「Depending on how you read this, it means that Intel is fairly confident of delivering on its 10nm promise - the point where they are scrapping the intermediary platform as far as general availability goes.」と表現しています。

(意訳:Intelは10nmの約束を実現することにかなり自信があることを意味する)

大規模クライアント向けとなるであろうCooper Lake-SPはAVX 512 vector units内に「bfloat 16」という命令セットを導入する設定がされていました。

Unfortunately, however, Cooper Lake was set to introduce bfloat 16 instructions inside the AVX 512 vector units - something that is used readily by machine learning algorithms and could have provided significant speedup to those applications.

Intel Bets Big On 10nm And Beyond: Reduces Scope Of Cooper Lake - An Upcoming Xeon Server Platform

wccftechによると、この命令セットは機械学習アルゴリズムで使用され、アプリケーションを大幅に高速化できた可能性がある、としています。そのbfloat16という命令セットを使う最大クライアントはFacebookで、そういった顧客向けにCooper Lake-SPを優先する、という意味なのでしょう。

wccftechの元記事では10nmに自信あり、と示していましたが、「遅々とした進捗のため大規模クライアントに対応できない」とも読めてしまいます。

Whitley版Cooper Lake-SPはキャンセル?

以下、インテルがServeTheHome.comに対して示した内容です。

www.servethehome.com

以下が内容のまとめになるでしょうか。

  • 10nm Ice Lakeプロセッサに対する顧客の需要
  • 市場の需要に "最適" なCooper Lake製品の提供を絞り込む
  • Cooper Lake-SPはCedar Islandプラットフォームでサポート
  • Cedar Islandは最大8ソケットまで拡張可能。カスタム構成もサポート
  • 2020年の前半から出荷ができる(ことを期待)

また、10nm+ Ice Lake-SPはWhitleyプラットフォーム、という点は変わらずで、2020年後半に出荷予定としています。

以前まで開示されていたCedar IslandとWhitleyプラットフォームに関しては以下の記事もご参照ください。

taxtax.hatenablog.jp

 

カテゴリー

  

関連情報

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.