帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

X670は2020年後半に量産開始。全ての6xx番台はPCIe 4.0対応?【AMD】

f:id:tatatatatax:20200321185947p:plain

Image via GIGABYTE

※画像はGIGABYTE X570 AORUS MASTER

X570と2020年Q1に出荷を予定しているB550とA520に続くAMD Ryzen向けチップセットX670、B650?とA620?は2020年後半に量産が開始される、というリーク情報です。

wccftech.com

B650とA620もPCIe 4.0対応?

同記事によると、トップからボトムまで全てのチップセットでPCIe 4.0対応と記載されています。

The new platform chipsets would be fully PCIe 4.0 compliant from top to bottom.

AMD B550 & A520 Mass Production For 3rd Gen Ryzen CPUs in Q1 2020

X670と記載があるので、命名ルールからいくとB型番はB650で、A型番はA620になると思われます。

それら全てPCIe 4.0対応ということは、PCIe 4.0に対応したNVMe Gen4 SSDRadeon RX 5700 / 5600 / 5500シリーズが本領発揮するでしょう。

PCIe 4.0対応は追い風のはず

デスクトップ版は今後、新しいアーキテクチャーを採用するZen3コア世代のRyzen 4000シリーズ、モバイル版はCES 2020で発表があったRenoirコアのモバイルRyzen 4000シリーズが準備中です。

デスクトップ版はさておき、性能と消費電力を両立させる必要があるモバイル向けCPU / APUを生かすためにもPCIe 4.0対応チップセットの消費電力低下は必須。ノートPCでストレージの高速化は劇的な変化を体感できるので、Intelが足踏みしている2020年は追い風が吹いていると言っていいでしょう。

 

関連情報

ガイド記事

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.