帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

Core i7-10700KのGeekbenchスコア リーク情報 /notebookcheck【Intel】

f:id:tatatatatax:20200418231135p:plain

Comet Lake-SのCore i7-10700Kベンチスコア記事を紹介します。ベンチはGeekbenchで、元記事ではAMD Ryzen 7 3800Xとの比較をしています。

Intelファン期待のComet Lake-Sですが、マルチコアテストではRyzenに一歩及んでいない情報が多いのは事実。このCore i7-10700Kではどうでしょうか? 

An Intel Core i7-10700K processor has been spotted on Geekbench throwing out some good numbers in both the single-core test and the multi-core test. The Comet Lake chip also managed to surpass a 5 GHz clock rate during testing. However, its strong multi-core score is still short of what AMD’s older Ryzen 7 3800X has managed.

www.notebookcheck.net

Core i7-10700K 

Core i7-10700Kは、Comet Lake-Sシリーズの8コア16スレッド、最大クロックは5 GHzを超えるCPUです。

Geekbenchスコア

Geekbenchのスコアはシングルコアで6,018ポイント、マルチコアで34,221ポイントでした。

f:id:tatatatatax:20200418231738p:plain

Intel Core i7-10700K clears 5 GHz and performs well on Geekbench but just cannot break the AMD Ryzen 7 3800X in multi-core testing - NotebookCheck.net News

AMD Ryzen 7 3800XのGeekbenchでみられるシングルコアスコアの平均値は約5,700〜5,800で、マルチコアの平均は35,000〜36,000ポイント。

Intel CPUはシングルコアの性能が高い傾向を示すのはComet Lake-Sでも同様のようです。特筆すべきはAMD CPUが強い領域のマルチコアのスコア領域で結構、健闘していることでしょうか。

ネックは消費電力

ただし、Ryzen 7 3800XのTDPCore i7-10700KのTDPよりも低い点は注意すべきでしょうか。Ryzen 7 3800Xは105Wで、Core i7-10700Kは125Wとされています。しかも、IntelTDPは「かなり柔軟」であり、高いクロックの場合は「はるかに高い電力を消費」します。

それでもComet Lake-S CPUはテスト中に最大5.07 GHzをたたき出すので、AMDに対して競争力がある、と言えるでしょう。

販売価格も高め?

現時点ではRyzen 7 3800Xを339.99 USDで購入できますが、Core i7-10700Kは発売時に約400ドルになると予想されています。

 

関連情報

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.