帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

Comet Lake-H, Core i9-10980HK ベンチリーク情報 /wccftech【Intel】

f:id:tatatatatax:20200121150003p:plain

Image via  Intel

2019年から苦境に立たされているIntelにとって、是非とも守らねばならない牙城がノートPC用CPUであるはず。しかし2020年当初からAMDによるCES 2020でのモバイルRyzen発表で大ダメージを被ってしまいました。

もはや苦肉の策でもなんでもない気がしますが、モバイル版第10世代Coreシリーズでなんとかしたいはずです……。

そのモバイル版第10世代Coreシリーズのハイエンド、Core i9-10980HKのベンチマークがリークされています。

Intel Core i9-10980HK Flagship & Several Other 10th Gen Mobility CPU Benchmarks Leak Out - 8 Cores & 16 Threads With 5 GHz+ Boost

wccftech.com

前世代CPUよりは性能が上がりそう

端的に言うと、前世代の9980HKより15%ほど性能があがっているようです。

同記事にはCore i9-10980HKに加えて、Core i7-10750HとCore i5-10300Hのベンチ結果もあります。

Core i7-10750Hは2.60 GHz(ベースクロック)の6コア12スレッド。Geekbench 5のベンチ結果では、シングルコアで1258、マルチコアで6065でした。

前モデルのCore i7-9750Hと比較するとシングルコアが7%向上しマルチコアは5%向上しています。Core i7-10750Hは、Ryzen 7 4800Uよりも3DMarkベンチで最大14.7%優れていると報告されています。

UとH型番を比較するのは……

Ryzen 7 4800Uは15W~25W品であり、Core i7-10750Hは45W品であることを押さえておくべきで、本来であればRyzen 7 4800Hと比較してしかるべきでしょう。

これは公平な比較ではありません。

繰り返しになりますが、Intelにとって、現状最後の砦がノートPC用CPUです。IntelAMDの新製品がリリースされてからどのような結果になるか生暖かく見守りたいと思います。

 

ノートPC(CPU・GPU)おすすめ記事

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.