帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報

AMD好きによる自作PCパーツ, 自作PC向けのテック系記事ブログ。主に海外サイトのリーク, ベンチ記事を翻訳して解説します。CPUやマザボ, グラボの最新情報が強いはず。AMD情報多めです

Core i3-1000NG4という謎「N」型番Ice Lakeベンチ(Time Spy) /notebookcheck【Intel】

f:id:tatatatatax:20200209121612j:plain

Ice LakeのCore i3に新しい?モデルがあるとかないとか……という記事を紹介します。そのCPUはCore i3-1000NG4で「N」がつくようです。察しの良い方であればIntel CPUで「N」が付くものといえば、でピンとくるのではないでしょうか?

Core i3-1000NG4はTime Spyのデータベースで発見されたようです。それによると、Core i3-1000NG4は2コア4スレッド、定格1.10 GHzとされています。

A processor with the designation Intel Core i3-1000NG4 has been spotted having a crack at the Time Spy benchmark. With a base clock of 1.10 GHz and just two cores to utilize, unsurprisingly the CPU did not rack up a gigantic score. But the big questions here are what does the “N” stand for and is this chip a further addition to Intel’s Ice Lake series?

www.notebookcheck.net

Core i3-1000G4

公式にはCore i3-1000G4というモデルが案内されています。

コアの数:2
スレッド数:4

プロセッサー・ベース動作周波数:1.10 GHz

ターボ・ブースト利用時の最大周波数:3.20 GHz

キャッシュ:4 MB Intel® Smart Cache

バススピード:4 GT/s

TDP:9 W

インテル® Core™ i3-1000G4 プロセッサー (4M キャッシュ、最大 3.20 GHz) 製品仕様

Core i3-1000NG4

Celeron NやPentium NなどIntelのCPUで「N」がつくものは、元をたどれば第一世代Atom(2008年発売のDiamondvilleマイクロアーキテクチャ)まで遡るネットブック用SoCシリーズ。

ネットブックはもう使われない用語だと思うので、組み込み向け、または(ノートPCではなく本来の意味での)モバイル向けという意図で使われるCPU(SoC)です。

しかし、notebookcheckの記事でも触れられているように「単にタイプミス」の可能性もありますが、今後、本来の仕様でIce LakeのN型番?がでるのかもしれません。

 

カテゴリー

   

関連情報

ガイド記事

Copyright © 2020 帯域幅256ビット|AMD好きの自作PC速報 All rights reserved.